戦時下、運命に翻弄される若者たちの青春、恋、学徒出陣、東京大空襲、特攻攻撃…。そして、知覧で特攻隊員を世話し見送った食堂の女主人・鳥濱トメさん。

 

戦後、鳥濱トメさんは、特攻隊員の思いを受け、平和を祈り、社会のために生涯を捧げる。トメさんの社会貢献活動の中心は税であった。やがて「特攻の母」は「納税おばさん」と呼ばれるようになる。


史実に基づく小説『それからの特攻の母』(大蔵財務協会)をベースに、感動のストーリーを朗読劇としてお届けします。

―――鳥濱トメさん。太平洋戦争末期の陸軍特別攻撃隊の基地の町、知覧で食堂を営み、特攻隊員を迎え、世話をし、見送った女性。人は「特攻の母」と呼び、今日でも多くの人の記憶に残っている女性である。

 

しかし、彼女が戦後どのような人生を送ったかはあまり知られていない。戦後はお国のために命を捧げた若者の思いを胸に抱き、平和を祈り、国の復興のため終生を捧げた。 

「あの子たちの分まで世の中のために働かなくてはいけない」 二度と起こしてはいけない戦争の悲劇を伝え、平和を祈り、そして社会のために尽くす日々。

 

その仕事の一つが税であった。税は国の礎であり、あの子たちが願った国の復興、発展のために基本となるもの。彼女は税務署に協力し円滑な税務のために貢献した。

やがて、世間は彼女のことを「納税おばさん」と呼ぶようになる。これはあまり知られていない事実である。―――

(小説『それからの特攻の母』、朗読劇『未来へ』より)

公演の様子 
(ダイジェスト)

劇中歌「納税の歌」

(原曲:昭和23年12月大阪財務局制作)

公演の様子 
(2015年11月25日 千葉公演)

 
 

公演スケジュール

【主催】東京税理士会浅草支部
【朗読劇】吉田美香子、山下蒼介、有志各位
【ピアノ】小ノ澤幸穂
【イラスト】河添宗輔
【講演】伏見俊行

【主催】南多摩納税貯蓄組合、日野間税会

【共済】日野法人会、日野青色申告会、東京税理士会日野支部、東京小売酒販八南支部

【後援】多摩市、日野税務署

【朗読劇】吉田美香子、大浜直樹、山下蒼介、有志各位
【歌】佐々木香菜子

【ピアノ】小ノ澤幸穂

【イラスト】河添宗輔

【講演】伏見俊行

2018年11月1日 武蔵野公演

於 武蔵野スイングホール

【主催】武蔵野間税会主催

【朗読劇】吉田美香子、大浜直樹(特別友情出演)、佐々木香菜子、山下蒼介
【ミニコンサート】佐々木香菜子

【ピアノ】小ノ澤幸穂

【講演】伏見俊行

1 / 8

Please reload

 

メンバー紹介

吉田美香子(よしだ みかこ)

小ノ澤幸穂(おのざわ ゆきほ)

河添宗輔(かわぞえ そうすけ)

大槻則之(おおつき のりゆき)

佐々木香菜子(ささき かなこ)

山下蒼介(やました そうすけ)

鳥井孝一(とりい こういち)

鳥井千鶴(とりい ちづる)

伏見俊行(ふしみ としゆき)

 

公演・講演の​申し込み、お問い合わせ